クレカでキャッシングするのは良くない?

by

お金を借りる時、消費者金融や銀行に頼るのはちょっと気が引けるからクレカを利用している方もいるかもしれません。
しかし、クレカでキャッシングをし過ぎてしまうとマイナスに繋がってしまうと言う事を知っていますでしょうか?
消費者金融などでキャッシングをすれば問題ないのですが、あまりにも使い過ぎてしまうとお金に困っているのでは?と判断されてしまうようですので、なるべく利用しない方が良いでしょう。
本当に困ってしまった時だけ、クレカのキャッシング枠を利用するようにしましょう。


キャッシングとカードは使い分ける

何でもかんでもクレカで済ませてしまっている方もいるようですが、出来れば使い分けてしまった方が効率的かもしれません。
キャッシングも支払いもクレカで済ませてしまった方が楽かもしれませんが、損をしていることになります。
クレカと消費者金融の金利は大体同じくらいなのですが、利用限度額は消費者金融の方が大きくなっているのです。
ですから、クレカよりも金融機関に申し込みをして頼ってしまった方がどちらかと言えばお得になります。


履歴を消してほしい

自分が消費者金融を利用した履歴を消してほしいと考えている方も中に入るようですが、それは時間の問題なのです。
銀行などへキャッシングの審査をする際、消費者金融で借り入れしていた情報がネックになることがありますからね。
消費者金融の利用履歴は5年経つと削除されると言われていますので、その間一度も消費者金融を利用しないことが要になります。
履歴を消してほしいと考えている方は、ぜひ参考にして色々情報収集してみて下さい。

参考:クレジットカードの審査とキャッシングの審査ってどう違うの?

総量規制を意識してキャッシング

by

金融機関を利用する際には、総量規制について一度チェックして考えていただきたいのです。
総量規制は自分の年収の3分の1までしかキャッシング出来ませんというものですから、きちんと知っておくことが必要になります。
この規制の対象となっているのがサラ金と、クレカのキャッシング枠なので、意識しながら利用することが大事。
もしも規制を超えてしまったらサラ金からキャッシング出来なくなるため、気を付けるようにした方が良いです。


銀行でキャッシングは?

銀行は規制の対象外ですから、年収の3分の1までと制限されることはなく非常に使い勝手が良いです。
しかし、お金にルーズな方やだらしない性格の方がキャッシングしてしまうと、使うだけ使って返済できなくなってしまうと言うケースも報告されていますので、おすすめはしません。
そう言った方は逆にサラ金の総量規制を活用した方が、自己破産などをしなくて済みそうですね。


審査の違いは?

サラ金と銀行は総量規制の違いだけではなく、他にも違う点があります。
サラ金の審査では過去に数回延滞や遅延をしていても通れることがありますが、銀行の審査では一度でもそう言った過去がありますと通りにくくなる傾向にあります。
それは、低金利でキャッシングが出来ると言う点と融資額の大きさに関係しているようです。

アルバイトやパートでもキャッシングを利用することはできますか?

by

アルバイトやパートで稼いだお金で生活を営んでいるという人もいるでしょう。
しかしそんなに多くをもらっているわけではないでしょうから、生活が苦しくなってくる時だってあると思います。
万が一苦しくてどうしようもなくなってきてしまったら、誰かにお金を借りることを考えてみるといいでしょう。
しかし、家族や友人にはなかなか借りられないという人だっていると思います。
そこで頼ってほしいのが、銀行や消費者金融などのキャッシングです。
こちらには「安定した収入」が必要になってくるようですが、では、アルバイトやパートといった非正規雇用の人たちでもお金を借りることはできるのでしょうか?


非正規雇用でもキャッシングを利用することはできる

「安定した収入」の中には、アルバイトやパートの方の給料も入っています。
そのため、非正規雇用の方でも銀行や消費者金融でお金を借りることは可能なのです。
「こんな収入だったら借りられないかも・・・」と不安になっていた方もいるかもしれませんが、そんなことを考える必要なんてないんですよ。
自身で働いていて収入を得ているのなら、堂々と自身を持ってキャッシングの審査に挑みましょう。


アルバイトやパートの方が審査を受ける際に注意するべきこと

しかし、だからといってなんでも自分の希望通りにいくというわけではありません。
たとえば、借り入れ金額の利用限度額は非正規雇用だとかなり低くなります。
だいたい最高でも10万円程度で、よくて20万円いかないくらいでしょう。
本当に生活のちょっとした足しにしかできないような額しか借りられないので、あまりキャッシングに期待をしないようにしてください。
しかし返済のことを考えると、このくらいの金額でちょうどいいのかもしれませんね。

キャッシングと闇金融

by

以前は少なかったのですが、近年では少しずつ闇金融の存在が大きくなってきているのをご存知でしょうか?
闇金融は異常なほど安い金利で貸し付けを行なって、後に違法的な金利を付けて返済を求めてきたりするので注意が必要なのです。
他にも無審査で即日キャッシング出来ますとかブラックでも大丈夫だと甘い言葉で、私達を騙そうとしてくるのが特徴です。
総量規制の関係で消費者金融が利用出来なくなってしまった方などをターゲットにしているので、十分気を付けるように!


キャッシングしてしまったら?

甘い言葉に誘われて申し込みをしてしまい、とんでもない返済を請求されてしまったと言う方は専門家に相談した方が良いです。
ただ、自分がキャッシングしてしまったことが原因ですから、色々な問題が出てくることがある事も覚悟した方が良さそう。
また、一度でも闇金融からキャッシングしてしまいますと、あなたの情報が第三者へ流出してしまう事がありますのでご注意を。
知らない番号から連絡があるとか、メールが来ると言う事になれば情報が流されていると言う事になりますので、手を出さぬように。


どうやって見抜けばよい?

どのようにして闇金融だと見抜けば良いのか・・・それは至って簡単な事なのです。
最近は巧妙な手口を使ってきますから、無審査とかブラックでも大丈夫とか書かなくなってきているところもありますが、金融名をネット検索すれば情報が出てきますので、そこから判断すれば良いのです。
今は金融庁のホームページに悪徳業者検索システムが導入されていますから、活用してみて。

キャッシングするには審査を攻略

by

お金を借りるには、まずその人に返済能力があるのかどうか確認することから始まります。
審査で年収や勤続年数をチェックするのは、返済能力があるかどうか貸付をしても大丈夫なのか確認するためなのです。
そのため、勤続年数が1年未満の方の場合、キャッシングするにはリスクが大きすぎると判断され審査落ちになってしまうのです。
ですから、無事通過するための一つのポイントは勤続年数を1年以上にする事ですね。


キャッシングと過去のステータス

すでに消費者金融などを利用している方の場合、過去のステータスも重要視されることになります。
いくらキャッシングをしてその返済は正しく行われたのかという確認ですが、何度も遅延や延滞を繰り返すとマイナスになります。
また、ホワイトと呼ばれる方もキャッシングの審査には通りにくくなると言われていますので、若いうちにクレカなどを作っておく方が良いかもしれませんね。
ホワイトと言うのは、金融事故が全くなく金融機関などの利用履歴などが一切ない方の事を言います。


ホワイトだとどうしてダメ?

ホワイトと言うととても良く有利な気がすると言う方もいますが、金融機関にとってはマイナスになってしまいます。
若い方でしたら問題ないのですが、ある程度年齢を重ねてクレカを持ったことが無いとか金融機関の審査を受けたことが無いとなれば、過去に何か事故を起こしているのではないか?などといったふうに疑われてしまうのです。
ですから、クレカくらいは発行しておいた方が無難かもしれません。